飯場へ ―― 暮らしと仕事を記録する  / 渡辺拓也
594f3b7d428f2d29df009910 594f3b7d428f2d29df009910 594f3b7d428f2d29df009910 594f3b7d428f2d29df009910

飯場へ ―― 暮らしと仕事を記録する  / 渡辺拓也

残り2点

¥2,808 税込

送料についてはこちら

飯場の一人ひとりの労働者が置かれた関係性に注目し、この問いに、真摯に迫った渾身のルポ。 飯場とは、多くの労働者にとって、一時的な滞在場所であり、滞在期間に長い短いはあっても、入る時には出ることが念頭にあるといってよい。 では、いったい、どういうルートで飯場に入るのだろうか。 どんな労働条件で仕事(主に建設労働)をしていくのだろうか。 どういった暮らしをおくることになるのか。 どのような人たちと出会い、そして……、飯場を出て行くのだろうか。 <目次> はじめに ―――― フィールドワークの始まり 初めてのフィールドワークの顛末〔てんまつ〕 寄せ場〔よせば〕の変容と飯場への注目 用語について ─― 飯場労働者、使用者 実際に行なった調査の概要〔がいよう〕 この本の構成 第1章 ―――― 人夫出し飯場のエスノグラフィー 飯場日記」について 飯 場 日 記 新しい出会い 戸惑いながらの初仕事 大工の手元をする 飯場の手違いで舗装〔ほそう〕現場に行く 吉野の山奥で大工初体験 休 日 吉田建設一日目 仮枠〔かりわく〕解体の仕事 吉田建設二日目 吉田建設三日目 吉田建設四日目 休みのつもりが臨時の仕事 何もない休日 吉田建設五日目 「飯場日記」の特性 コラム 飯場の歴史と現在 第2章 ―――― 飯場の生活 飯場に入るには 飯場の労働条件・生活環境 飯場の経営者・従業員 飯場での暮らしぶり 飯場労働者の人間関係 飯場の生活 コラム 飯場の歴史と現在 第3章 ―――― 飯場の仕事 ―― 寄せ場〔よせば〕→ 飯場 土工〔どこう〕の技能 労働条件 労働者の構成 実際の作業内容 飯場労働の心得〔こころえ〕 飯場の巨大化の背景 第4章 ―――― 飯場の仕事 ―― 求人広告 → 飯場 労働条件と調査概要〔がいよう〕 X建設の仕事の概要 労働者の構成 実際の仕事内容 X建設の戦略 第5章 ―――― 飯場の労働文化 「文化」の研究 飯場労働者の分類・序列・関係 飯場労働者の行動様式 飯場の労働文化 コラム 気づきを理解につなげるために 第5章 ―――― 飯場の労働文化 「文化」の研究 飯場労働者の分類・序列・関係 飯場労働者の行動様式 飯場の労働文化 第6章 ―――― 飯場の労働文化 「文化」の研究 飯場労働者の分類・序列・関係 飯場労働者の行動様式 飯場の労働文化 第7章 ―――― 怠け」の役割、排除の構造 より良い労働とは? 使用者の認識のずれ ゆらぐ「勤勉」と「怠け」 「怠け」が果たす役割 第8章 ―――― 不寛容なコミュニティ ―― 淘汰〔とうた〕と選別 排除か、淘汰か コンクリ打ちの実態 掘削〔くっさく〕・埋め戻し、常用〔じょうよう〕の場合 淘汰と選別 おわりに ―――― 飯場の仕事は変化したのか 飯場の暮らし 生産性と共同性のせめぎあい 共同性の原資〔げんし〕 誰にでもできること」の大切さ 自由の行為 文献一覧 /あとがき /索 引