<松本隆署名入り本>Blue: Tokyo 1968-1972 / 野上眞宏
5b248ebda6e6ee7ec6007d9d 5b248ebda6e6ee7ec6007d9d 5b248ebda6e6ee7ec6007d9d 5b248ebda6e6ee7ec6007d9d 5b248ebda6e6ee7ec6007d9d 5b248ebda6e6ee7ec6007d9d 5b248ebda6e6ee7ec6007d9d

<松本隆署名入り本>Blue: Tokyo 1968-1972 / 野上眞宏

¥5,184 税込

送料についてはこちら

※松本隆さんの署名入り本となります。 立教大学で同級の細野晴臣と遊び仲間だった野上眞宏は、細野との交流を通して、「はっぴいえんど」(細野晴臣、松本隆、大瀧詠一、鈴木茂)をはじめ、その後の日本のミュージックシーンを牽引することになるミュージシャンたちのレコーデングやライブ、楽屋での様子などを、プライベートに撮影した。野上がそこに居合わせ、しばしば撮影していたことで、当時まださほど注目を集めていなかった彼らの、極めて貴重なドキュメント。 「はっぴいえんど」結成前の1968年から解散を決めた1972年暮れまで、日本橋の裏通りを歩くカップル、人通りもまばらな早朝の表参道、映画館が幾つもある渋谷の東急文化会館(現・ヒカリエ)、六本木の夜のカフェ、ジュークボックスのある新宿のディスコなど半世紀前の東京の街角の光景。 書名は1971年にリリースされたジョニ・ミッチェルのアルバム・タイトル《Blue》から引用。この時代の野上眞宏は、憂鬱で、不安な毎日を送っていたという。ブルーな気分だからこそ、友人と街に出かけ、楽しい時を過ごそうとしていた。 総頁数:204ページ 収録写真:モノクロ 187点 体裁:B4判変型(230 x 240 mm)、ハードカバー 写真:野上眞宏 エッセイ(和英併記):マイケル・K・ボーダッシュ ブックデザイン:岡田崇 翻訳:スチュアート・ムンロ、八角聡仁