庄野潤三の本 山の上の家
5b615db5ef843f3ec8002fc9

庄野潤三の本 山の上の家

¥2,376 税込

送料についてはこちら

今なお多くのファンを持つ 庄野潤三(1921〜2009)のはじめての案内書。 川崎の生田にある庄野潤三の家が2018年の今年から、秋分の日、建国記念日の年に2日だけ、一般開放されることにあわせて作られた本書は、長く暮らした家をカラーで32ページわたり紹介、全著作の案内、単行本未収録の作品、幼いころの写真など、作家を知るための指南書。 その他、 ・巻頭文/佐伯一麦 ・私のお父さん/今村夏子(庄野潤三 長女) ・父の思い出/庄野龍也(庄野潤三 長男) ・庄野潤三が家族を描いたスケッチ ・単行本未収録随筆(「わが文学の課題」) ・単行本未収録中編小説(「青葉の笛」) ・庄野潤三とその周辺 /岡崎武志 ・「山の上」という理想郷/上坪裕介 ・全著作案内/宇田智子・北條一浩・上坪裕介・島田潤一郎 ・短編・随筆リスト ・山の上の親分さんとお上さん江/今村夏子(庄野潤三 長女) などで構成。