すごい詩人の物語 山之口貘詩文集 人生をたどるアンソロジー
5d3582d43a7e965a67773090

すごい詩人の物語 山之口貘詩文集 人生をたどるアンソロジー

¥1,980 税込

送料についてはこちら

山之口貘(1903-1963)。近代・現代を代表する沖縄生まれの詩人。人は、放浪詩人、貧乏詩人、風刺詩人、宇宙詩人、そして、精神の貴族……と呼んだ。フォークシンガー・高田渡も彼の詩をたくさん歌にし、愛唱した。 本書は、生涯に198篇しか残さなかった寡作の詩人の作品から135篇を選び、その人生をたどるようにして、5章からなるアンソロジーを編みました。類書と比べ詩の収録数が多いことに加え、一篇一篇の詩を丁寧に扱った美しいレイアウトも特長です。詩論「詩とはなにか」をはじめ、詩の生まれた背景が独自の文体で描かれた自伝的小説3篇が収録されているのも、本書ならではの特典。 目次 詩論「詩とはなにか」 第一章 住所不定 晴天 天 杭 求婚の広告 若しも女を摑んだら 現金 唇のやうな良心 萌芽 立ち往生 自己紹介 食人種 大儀 無題 疲れた日記 妹へおくる手紙 賑やかな生活である 青空に囲まれた地球の頂点に立つて44 解体 夜 光線 生きてゐる位置 挨拶 無機物 マンネリズムの原因 食ひそこなつた僕 存在 僕の詩 数学 再会 来意 猫 転居 士族 鼻のある結論 襤褸は寝てゐる 上り列車 世はさまざま 血 天から降りてきた言葉 第二章 結婚と暮らし 友引の日 思ひ出 畳 喪のある景色 生きる先々 曲り角 兄貴の手紙 土地1 土地2 土地3 疎開者 縁側のひなた ミミコ ミミコの独立 ヤマグチイズミ 闇と公 蠅 汽車 初夢 編上靴 常磐線風景 巴 親子 相子 たねあかし 税金のうた 借金を背負って 博学と無学 人の酒 ぼすとんばっぐ 借り貸し 影 彼我 珈琲店 右を見て左を見て 鹿と借金 自問自答 柄にもない日 萎びた約束 年越の詩うた 処女詩集 玄関 紳士寸感 芭蕉布 口のある詩 十二月 石に雀 首 酔漢談義 ろまんす・ぐれい 月見草談義 表札 かれの奥さん 十二月のある夜 ある家庭 首をのばして 桃の花 ひそかな対決 野次馬 第三章 故郷沖縄 沖縄よどこへ行く おさがりの思い出 耳と波上風景 がじまるの木 不沈母艦沖縄 基地日本 沖縄風景 島での話 正月と島 島 島からの風 弾を浴びた島 第四章 戦争風刺 思辨 弾痕 夢を見る神 応召 かれの戦死 ねずみ 羊 雲の上 第五章 歌になった詩 ものもらひの話 生活の柄 夜景 石 第一印象 玩具 会話 座蒲団 紙の上 結婚 深夜 告別式 鮪に鰯 歯車 貘 たぬき 頭をかかえる宇宙人 小説三篇 詩人便所を洗う 詩人の結婚 詩人の一家 年譜<山之口貘の生涯> 娘より、そして、ファンより 沖縄県と父・など 山之口泉 ムコウノヒト 高田漣 貘の詩とお金 宇田智子