『広告 特集:著作』
5e79b0bee20b044e533e9bee 5e79b0bee20b044e533e9bee 5e79b0bee20b044e533e9bee 5e79b0bee20b044e533e9bee 5e79b0bee20b044e533e9bee 5e79b0bee20b044e533e9bee

『広告 特集:著作』

残り2点

¥2,000 税込

送料についてはこちら

『広告』の全体テーマである「いいものをつくる、とは何か?」を思索する第二弾として、オリジナリティや作家性、著作物の保護や利用のあり方など、「著作」についての様々な視点を投げかけます。 「著作」について注目し、考えるため、 オリジナル版とそれをモノクロコピーしたコピー版の二種類を発行。 内容は同じですが、装丁と価格が異なります。 こちらはオリジナル版。 A4サイズ・フルカラー 表紙は布。 ぐにゃぐにゃの、手に持って愉快な気分になる一冊。 上から見ても横から見ても愉快さ倍増です。 目次 著作とオリジナリティ 作詞家 いしわたり淳治 × 『広告』編集長 小野直紀 著作権は文化のためになっているか 山寨(パクリ) 中国ウィキペディア「百度百科」より翻訳転載 パクリと中国 パクリ文化研究家 艾君(アイジュン) インタビュー 中国と日本の「ホンモノとニセモノ」 陳暁夏代 インタビュー 椅子にとって著作とは ウェグナーの『Yチェア』に見る、椅子のオリジナリティ 引用なき名作は存在しない 映画における「昇華行為」と「オマージュ」 文壇のヒエラルキーと「パクリ」の境界線 小説家 島田雅彦 インタビュー 類型のなかに、いかに自分の型を見出すか 落語家 春風亭一之輔 インタビュー 創造性を高める契約書 写真家ゴッティンガムが示す共同著作のビジョン 振動する著作 プロデューサーの著作性 アゲハスプリングス代表 玉井健二 インタビュー 組織著作のアイデンティティ プリキュアはなぜ愛され続けるのか なぜ日本はコンテンツビジネスが下手なのか 独占か、共有か。特許とITの50年史 コピーと戦うファッション・ロー 現代美術とフェア・ユース アプロプリエーションと向き合う著作権法 著作権管理は、音楽文化を生かすか、殺すか これからの著作権 法律家 水野祐 × THE GUILD代表 深津貴之 × 『広告』編集長 小野直紀 文化的遺伝子は自由に繁殖したがる 引用なき名作は存在しない 映画における「昇華行為」と「オマージュ」 文壇のヒエラルキーと「パクリ」の境界線 小説家 島田雅彦 インタビュー 類型のなかに、いかに自分の型を見出すか 落語家 春風亭一之輔 インタビュー 創造性を高める契約書 写真家ゴッティンガムが示す共同著作のビジョン 振動する著作 プロデューサーの著作性 アゲハスプリングス代表 玉井健二 インタビュー 組織著作のアイデンティティ プリキュアはなぜ愛され続けるのか なぜ日本はコンテンツビジネスが下手なのか 独占か、共有か。特許とITの50年史 コピーと戦うファッション・ロー 現代美術とフェア・ユース アプロプリエーションと向き合う著作権法 著作権管理は、音楽文化を生かすか、殺すか これからの著作権 法律家 水野祐 × THE GUILD代表 深津貴之 × 『広告』編集長 小野直紀 文化的遺伝子は自由に繁殖したがる