現代思想 2020年5月号 緊急特集=感染/パンデミック ―新型コロナウイルスから考える
5eba77f834ef010b5f19b74c

現代思想 2020年5月号 緊急特集=感染/パンデミック ―新型コロナウイルスから考える

¥1,650 税込

送料についてはこちら

新型コロナウイルスから考える感染症と思想の交差点 感染症との闘いとその共存は、人類史のなかで一大テーマとなってきた。 本特集では感染症とその対策をめぐる現場の最前線から、 パンデミックをめぐる人類史、そして患者の隔離政策や ワクチン接種などをめぐる統治、感染をめぐる表現などを追い、検討する。 目次* 【議論】 G・アガンベン/J‐L・ナンシー/R・エスポジト/S・ベンヴェヌート 高桑和巳・伊藤潤一郎訳 【パンデミックの/と思想】 S・ジジェク/松本潤一郎訳/水嶋一憲/小泉義之 【医療の現在地】 美馬達哉/津田敏秀栗原千絵子+齊尾武郎/青木さぎ里 【生政治のゆくえ】 木澤佐登志/西迫大祐/粥川準二 【対策をめぐって】 手塚洋輔/玉手慎太郎/羽根次郎/平田周 【感染を描く世界史】 飯島渉/諫早庸一/塚原東吾 【日本の感染症史】 香西豊子/廣川和花/川端美季 【感染をとらえる〈ことば〉】 住田朋久/新ヶ江章友/奥野克巳 【暮らしの危機から考える】 V・プラシャド+M・ベルトルディ/粟飯原文子訳 中山智香子/田中祐理子 【病とともにある「日常」】 チョハン・ジニ/影本剛訳/有薗真代/山田陽子/山家悠平