SPINNUTS スピナッツ / 107号 特集:小林桂子「糸から布を創る―織物以前のテキスタイル」
5fd332d4b00aa36b4c71236b 5fd332d4b00aa36b4c71236b 5fd332d4b00aa36b4c71236b 5fd332d4b00aa36b4c71236b

SPINNUTS スピナッツ / 107号 特集:小林桂子「糸から布を創る―織物以前のテキスタイル」

残り3点

¥1,430 税込

送料についてはこちら

暮らしを紡ぐ衣食住雑誌 SPINNUTS・スピナッツは「SPIN+NUTS(紡ぎに夢中」という熱いハートで1985年にスタートした雑誌です。 羊飼いと出会い、スピナーと出会い、羊毛の糸紡ぎに夢中になるうち、羊から衣・食・住のすべてが賄えることを知りました。 羊と羊毛を入り口に、暮らしを楽しくゆたかにする「種」をいっぱい仕込んだような雑誌です。 〇スピナッツ107号の紹介 特集は、小林桂子さんの「糸から布を創る―織物以前のテキスタイル」です。 そして人気の連載、 石田紀佳さんのエディブルガーデンは、これからの都市生活を示唆する取り組みの紹介です。 岩井和一郎さんのチリ交春秋も、古紙の現場で何が起こっているかがわかります。 大きく時代が変わる時の、舵を切った軋みの音を聞くようです。 「結」梅原嘉子のマクラメの手仕事 今回の特集内容に沿って分類すると、マクラメは「編」のルーピングにあたります。 1本の糸が結ばれ網状につながっていきます。 糸の太さや用途が変わると変幻自在に変わっていくマクラメの世界。 梅原嘉子さんの世界をお楽しみください。 前号まで、佐々木和也さんと染太郎KITAZAWAさんが、6回にわたって陽だまり保育園における子どもたちの草木染の取り組みを紹介してくださいました。その人気の連載「0歳からの草木染」を引き続いて、京都の宇治市みんなのき黄檗こども園、三室戸こども園さんにおじゃまし、一年を通じて藍染に取り組むこどもたちの様子を連載いたします。 この藍染のプロジェクトは、藍の種まき、毎日の水やりに始まり、スクモ作り、藍染と…1年かけて体験実践し、最後は卒業記念の服まで仕上げるという大プロジェクトです。 なんとこどもたちはスクモを作る時、温度計を使って50℃以上いった日を観察し、グラフまで作って温度管理しています。小さな博士たちを見ているようです。どうぞお楽しみに! 連載-ひつじ写真館 まきば写真家・平林美紀 Booroola Dorset どうやら平林さんは、羊たちに愛されているようです。 どこの牧場に行っても平林さんがカメラを向けると、羊たちはカメラ目線になり、ポージングをします。 今回も真正面から平林さんと見つめ合う、北海道石田めん羊牧場のブルーラドーセットが登場します。「前世、どこかで会いましたっけ?」と言われているみたいです。 〇【タテ書き目次】 連載・手紡ぎの風景107「一周遅れのトップランナー」 特集・糸から布を創る 織物以前のテキスタイル 小林桂子 連載・CREATIVE FELT ASSOCIATION 「自由に変化する羊毛に、驚き魅せられて」あべかずこ 結 梅原嘉子のマクラメの手仕事 連載・庭暮らし その7「エディブルガーデン」 石田紀佳 連載・続 〇歳からの草木染 「藍を育て、スクモを作り、藍染をするこどもたち」その1 連載・チリ交春秋 第38回「コロナ禍の異変」 岩井和一郎 ジャパンウールプロジェクト始動 part2 国産羊毛コンテスト2020 入賞フリースの結果報告・受賞者からの手紙 【ヨコ書き目次】 読者のページ・Sheep Station part2 はじまります 連載・ははの手仕事 第9回「ラトビアミトンとレッグウォーマー」 笹谷史子 連載・あそびのたね 第5回「引っ掛ける」安宅未希 連載・妄想アートヤーン No.7「さざ波のような糸」 ナカタアヤコ 連載・ひつじ写真館 第7回「ブルーラ ドーセット」 まきば写真家 平林美紀 〇B5版、56ページ 〇2020年12月3日発行 〇ISBN:9784904443576