自転車に乗って: アウトドアと文藝
5fe6aee1df515901fdecceba

自転車に乗って: アウトドアと文藝

残り1点

¥1,870 税込

送料についてはこちら

小説家、哲学者、脚本家、デザイナーなど新旧27人による短編アンソロジー。自転車にまつわるエッセイ、小説、詩、漫画。乗り始めた頃、思い出の風景、最も身近なのりものが、私たちの生活にもたらす喜び・愉しみを味わう。 【目次】 1 はじめる 三浦しをん 空気 群ようこ サイクリングばあさん 夏目漱石 自転車日記 萩原朔太郎 自転車日記 小川未明 父親と自転車 角田光代 これからは歩くのだ 〈忌野清志郎 『サイクリング・ブルース』より〉 2 ふりかえる 押川春浪 異形の風体(自転車を脊負て)――中村春吉「世界無銭旅行」より 織田作之助 電報 北杜夫 自転車に乗る女 江戸川乱歩 サイクルおしゃれ時代 吉行淳之介 自転車事故 〈金子みすゞ 「電報くばり」〉 3 考える 柴田元幸 自転車に乗って 伊藤礼 自転車をこいでいる人間は何を考えているのか 真鍋博 自転車、そして自転車の思想 中井久夫 ある少女 〈宮沢賢治 〔馬行き人行き自転車行きて〕〉 4 旅する 羽田圭介 しまなみ海道をゆく 藤崎彩織 ビワイチ 半村良 自転車、山の辺、ふしぎなホテル 〈山松ゆうきち まくりのアサちゃん〉 5 いつでも、どこまでも 北川悦吏子 木漏れ日と自転車 志賀直哉 自転車 吉本隆明 自転車哀歌 久世光彦 自転車の時代 益田ミリ 優しい言葉