高田渡の視線の先に-写真擬-1972-1979- / 写真:高田渡、文:高田漣
605441bea11abc26a74975e3 605441bea11abc26a74975e3 605441bea11abc26a74975e3 605441bea11abc26a74975e3 605441bea11abc26a74975e3 605441bea11abc26a74975e3 605441bea11abc26a74975e3

高田渡の視線の先に-写真擬-1972-1979- / 写真:高田渡、文:高田漣

¥4,950 税込

送料についてはこちら

フォーク・シンガーの高田渡がカメラを構え、撮影した作品を一冊にした写真集。酒と音楽をこよなく愛した彼はツアーや旅先にも必ずカメラを持ち歩き、一時期は本気で写真家を志した時期があったと言う。 このたび、高田渡が遺した膨大な数のフィルムが見つかり、その1枚1枚をスキャンしたところ、若き日のはっぴいえんど(細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂)や井上陽水、遠藤賢司、友部正人、坂本龍一、西岡たかし、泉谷しげる、中川イサト、中川五郎、はちみつぱい、三上寛、なぎら健壱、シバ、加川良、西岡恭蔵、かまやつひろし、武蔵野タンポポ団(以上、順不同)など、同時代を生きた仲間達の写真が多数発掘。緊張感漂うバックステージの様子、和気藹々としたオフショットは、まさに本邦初公開となる歴史的なカットばかりの資料としても一級品。 また、1970年代当時に暮らしていた京都や吉祥寺、ツアーで巡った日本各地、パリやマドリッドなどのヨーロッパ旅行で撮影された何気ない写真なども収録されており、昭和の日本の風景資料としても面白い1冊。 本書の発売日となる2021年4月16日は、奇しくも高田渡氏の十七回忌(満16年。 写真の解説は、高田渡の長男であり、マルチ弦楽器奏者として様々なフィールドで活躍する高田漣が担当。 【CONTENTS】 1:友部正人と渡 2: 1972ヨーロッパ(パリ、マドリッド、フランクフルト、コペンハーゲン、ストックホルム) 3:京都と人々(祭・実家) 4: 1973韓国ソウル 5:仲間たち 6:沖縄 7:吉祥寺と人々 8: 1974春一番コンサート 9:旅芸人の記録 10:スタジオ 11: 1974ヨーロッパ(パリ、ミュンヘン、スイス、イタリア、エジプト) 12:駅 13: 1975 JAMコンサート 14: 1975『フィッシング・オン・サンデー』レコーディング@LA 15:年輪、歯車、街と人 16:ブランコ 主な登場予定人物(順不同):青木ともこ、あがた森魚、朝比奈尚行、ANNSAN、石田長生、伊藤銀次、泉谷しげる、いとうたかお、井上陽水、今井忍、遠藤賢司、大江田信、大瀧詠一、大塚まさじ、大庭珍太、加川良、かしぶち哲郎、金森幸介、かまやつひろし、キヨシ小林、洪栄龍、小林政広、佐久間順平、サスケ、坂庭省悟、坂本龍一、斉藤哲夫、佐藤GWAN博、佐藤博、佐藤B作、シバ、鈴木慶一、鈴木茂、武川雅寛、竹田裕美子、田中研二、ダッチャ、友部正人、永井洋、なぎら健壱、中川イサト、中川五郎、長野たかし、西岡恭蔵、西岡たかし、はっぴいえんど、はちみつぱい、林敏明、福岡風太、細野晴臣、本多信介、松田幸一、松本隆、三上寛、武蔵野タンポポ団、村上律、村瀬雅美、村瀬春樹、渡辺勝、和田博己、他。