a sweater Tシャツ / 働くセーター × LETTERPRESS a lot × モリカゲシャツ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

a sweater Tシャツ / 働くセーター × LETTERPRESS a lot × モリカゲシャツ

¥5,280 税込

送料についてはこちら

  • 赤文字 S

    残り2点

  • 赤文字 M

    残り2点

  • 赤文字 L

    残り1点

  • 黒文字 S

    残り1点

  • 黒文字 M

    残り1点

  • 黒文字 L

    残り1点

『働くセーター』×『モリカゲシャツ』 ―2021年、「働くセーター」が私の手から飛び出して、「旅する働くセーター」企画となって京都へ― 同企画で訪れた活版印刷工房『LETTERPRESS a lot』さんが作ってくれたポスター「a sweater」の文字は、意思を持って動き始めたセーターを表す象徴のように感じました。 昔ながらの木製活字のロゴが素敵で「そのままTシャツにして着てみたい」という気持ちだけで走り出したTシャツ化計画は、同じく同企画でご縁をいただいた『モリカゲシャツ』さんに製作していただくことになりました。 夏に着るTシャツなのに「sweater」という疑問を残しながら、仕上がったTシャツは、『モリカゲシャツ』さんならではの流行に左右されないデザインと品質を兼ね備えた仕上がりとなりました。 カジュアルすぎないしなやかさで、年齢を問わず、オンサイズで着ていただけるよう、3サイズのご用意となっております。 「a sweater」は、『働くセーター』の書籍化によって、たくさんの作り手の方々による、誰かの「働くセーター」を表しているようにも思えるのです。 HOLY'S 保里尚美 *********************** 『働くセーター』 2020年秋に、文化出版局より刊行された書籍。「仕事着になるセーター」として、HOLY'S 保里尚美が製作した「働くセーター」を広島の街で実際に働く方々が着用した様子が編み物本となっている。 写真撮影:吉森慎之介(写真集「うまれたてのあさ」https://hohohozazaza.stores.jp/items/60dc022d0079061826acfa8d) 『旅する働くセーター』は、書籍で使用したセーター達が、縁のあった街で「働くセーター」の続編として展開されるInstagram上の企画。取材人は、その土地に暮らす。 2021年秋、働くセーター展が、東京・Title、京都・ホホホ座浄土寺店で予定されている。 HOLY'S 保里尚美 年少の頃より、編み物を始める。全ての製作に、シェットランドヤーンを使用している。