増補 現代美術逸脱史 ――1945-1985(文庫) / 千葉成夫
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

増補 現代美術逸脱史 ――1945-1985(文庫) / 千葉成夫

残り1点

¥1,650 税込

送料についてはこちら

「美術」とは何かが問い直される時代にあって、日本の美術家たちは、どのような思想のもとにいかなる創作活動を展開してきたか。具体、ハイレッド・センター、もの派、美共闘、ポストもの派……。戦後40年の日本美術の流れを跡付け、欧米の模倣でもなく、伝統への回帰でもないその逸脱の軌跡の中に、日本固有の「美術」の萌芽を読みといていく。作品や展覧会をもとに論じるだけでなく、針生一郎、宮川淳らの批評や、李禹煥ら作家の思想も追った。「類としての美術」を提唱した鮮烈な批評にして画期的通史、およそ100頁の増補を加えた決定版。 解説 光田由里 【目次】 序 第一章 「具体」―アンフォルメル―「反芸術」 I 批評の推移 II 「具体」とは何か III アンフォルメル IV 「反芸術」のとらえなおし 第二章 一九六〇年代 I ハイレッド・センターから「環境芸術」へ II 日本概念派 第三章 「もの派」 I 「もの」の位相の展開 II 世界とのかかわりの思想 第四章 一九七〇年代 I 美術学生の反乱 II 類としての美術 III 美術の現在 増補 この先へ 増補へ I 「もの派」の展開と変容 II 「ポストもの派」の展開 1 III 「ポストもの派」の展開 2 IV 「いま」のあとさき 註 あとがき 文庫版あとがき 文庫版解説にかえて(光田由里)