{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

父のアルバム / 野口里佳

残り2点

5,500円

送料についてはこちら

父から生前に渡された一冊のネガファイル。2013年に父が他界した後、写真家・野口里佳はネガを日付順に、 暗室で少しずつ焼いていった。もう戻ってこないある瞬間がネガに焼き付き、暗室の中で浮かび上がる。父の視線を追いながらプリントする時間を通じて、「人はなぜ写真を撮るのか」という当たり前のことを初めて考えた時間。時間の旅にいざなう写真集。 「父の写真には母と私、弟と妹、父の育てたバラ、そして時折風景が登場します。被写体にぐんと近づいたものもあれば、遠くからそっと撮ったものもあります。背景にはあまり気を配ったりしません。でもその瞬間を撮りたかったのだな、という気持ちはよく伝わってきます。」 「父の写真は父と家族のためのとても個人的なものです。けれど私がプリントしながら味わった幸福な時間は、写真の持つ不思議な力として、誰かに伝わるのではないかと思うのです。父の視線をなぞった私の視線がどこかの誰かに伝わり、誰かを少し幸せにできるといいなと思っています。」

セール中のアイテム