{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

深瀬昌久 1961-1991レトロスペクティブ / 深瀬昌久、編:トモコスガ、鈴木佳子、浜崎加織

3,300円

送料についてはこちら

1960 年代から1990 年代の初頭に活動した深瀬昌久の軌跡を辿り、 その独自の世界に触れるレトロスペクティブ。深瀬昌久は自身の私生活を深く見つめる視点によって、1960 年代の日本の写真史のなかで独自のポジションを築いた作家。それは写真の原点を求めようとする行為でもあり、のちに「私写真」と呼ばれ、写真家たちが向かった主要な表現のひとつとして展開していった。深瀬は妻や家族など、身近な存在にカメラを向け、自身のプライベートを晒しながら、自己の内面に潜む狂気に意識を向けていく。その狂気は、被写体に対する愛ある眼差しと、ユーモラスな軽やかさが混在し、深瀬作品を特別で唯一無二なものにしている。 本書は、代表作である「遊戯」「洋子」「烏(鴉)」「サスケ」「家族」「ブクブク」など、充実した作品群をハンディな判型の中に収載した入門編にしてベスト的内容の1冊。

セール中のアイテム