{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

<雑誌>TOO MUCH Magazine issue 10 / Pluralistic Spaces / Schemata Architects

3,850円

送料についてはこちら

建築家の長坂常と彼の率いるスキーマ建築計画の特集号。現在、急速な都市化が進み、都市間競争が激化している世界では、どの都市もスター建築家を抱え、より斬新な都市開発を目指してしのぎを削っている。一方、震災、気候変動、パンデミック、人口減などの諸課題を抱えながら生活するわれわれとって、頻発する大規模都市開発はどこか前時代的で、紋切り型のきらびやかな高層建築にはもはや居心地の良さを感じなくなっている。 今回取り上げるスキーマの活動は、これまでの建築家のゴールとは根本的に異なっているように見え、彼らのデザインする建築や商業空間はどれも控えめで、完成形がどこなのかわからず、利用者を統制するよりも利用者に使い方を委ねる。主宰する長坂は、そうした空間のあり方を「多人称的空間」と呼ぶ。 働き方をテーマにしたTOO MUCHの「WORK」シリーズ第2弾であり、1年間スキーマに密着取材を行い、国内外のスキーマ建築に触れ合いながら、彼らが既存の空間に対してどのように仕事をし、またその仕事がわれわれにどのように影響を与えるのかを探求した内容。 ※英語表記(全文日本語テキスト付)

セール中のアイテム