{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

サンリオ出版大全:教養・メルヘン・SF文庫 / 編:小平麻衣子、井原あや、尾崎名津子、徳永夏子

残り2点

3,960円

送料についてはこちら

詩とメルヘン、いちご新聞、リリカ、サンリオSF文庫、映画など数々の出版物と〈ギフト〉を世に送り出した、1960年代から1980代までのサンリオの多彩な文化事業に迫る。サンリオ創業者の辻信太郎と、詩人のやなせたかしが出会い、抒情とヒューマニズムの夢をのせた出版事業が走り出す。「かわいい」キャラクター事業のかたわら、数々の出版物を世に送り出した新興企業は、他に類のない多彩な文化事業展開をみせ、多くのファンを獲得していった。 大量消費時代に先駆けた1960年代から1980年代までのサンリオ出版を、「女性文化」や出版史のなかに位置づける初めての試み。小手鞠るい氏、小池昌代氏、永田萠氏、元『いちご新聞』編集長・高桑秀樹氏の関係者説話も収録。カラー口絵、図版多数 目次 序文 サンリオ出版の時代 小平麻衣子   第Ⅰ部 雑誌共同体と外部 1 〈……だったら〉の詩情──『詩とメルヘン』とジェンダー 小平麻衣子 2 詩はだれのものか?──『詩とメルヘン』におけるやなせたかしの抒情と編集方針 大島丈志 3 『詩とメルヘン』のマザー・グースとアリス──ポスト戦後詩のノンセンスの視座から 吉田恵理 4 感傷の在り処──『詩とメルヘン』と安房直子 尾崎名津子 ★コラム サンリオとロマンス小説の季節 尾崎名津子   第Ⅱ部 女性詩のバリエーション 5 きのゆりと『詩とメルヘン』──詩の計量的分析から 米山大樹 6 〈少女〉から〈兄貴〉へ──『詩とメルヘン』をめぐる言説と誌面の変化 井原あや 7 言葉を送ること、受け取ること──『詩とメルヘン』における共鳴の方法 徳永夏子 ★コラム サンリオの出版物──1970 年代の詩集を中心に 井原あや   第Ⅲ部 教養ある商品 8 ひたすら信じつづけること──辻信太郎におけるメルヘン 河田綾 9 『いちご新聞』の中の〈文学〉──ファンシーな教養主義 帆苅基生 10 マンガ雑誌『リリカ』の挑戦 村松まりあ ★コラム 『キタキツネ物語』の周辺 吉田司雄   第Ⅳ部 産業と科学とフェミニズム 11 サンリオの映画事業とその時代 木村智哉 12 サンリオSF 文庫の小説世界──山野浩一のSF評論とその実践 加藤優 13 サンリオSF 文庫とフェミニズムSFの地平 吉田司雄   第Ⅴ部 サンリオの記憶 14 風に折れないコスモス、あるいは草原の口笛 小手鞠るい 15 講演 ポエムと現代詩のあいだ 小池昌代 16 夢のはじまる場所──『詩とメルヘン』のイラストレーション 永田萠 17 サンリオが届ける〈ギフト〉 高桑秀樹 謝辞 人名索引

セール中のアイテム