{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

定刻に歌うハミングバード / 十七時退勤社

残り1点

1,100円

送料についてはこちら

十七時退勤社の由来にもなったテーマ「十七時退勤後」をお題にした作文集。本業のタイムカードを押したあと、自由な時間になにをしているか、なにを考えているか。居残り練習のように本屋さんに行ったり、文章を書いたりすることもあれば、頭をめぐらし体を動かして、伸びやかな自分に。一人の時間も、家族の時間も、友人との時間も、またそれぞれ。 目次 はじめに 平安時代と私  粕川ゆき 髪は伸びるが床屋では名前がない  橋本亮二 どもない  花本武 石畳に紙粉舞い落ちるとき  笠井瑠美子 『「わざわざ系」の系譜―多様化する本屋と、そこに注がれる眼差し』の「ウラ話」或いは補足的「あとがき」  どむか 習い事と私  粕川ゆき 蛍リミックス  花本武 合点 イン・ザ・パーク  橋本亮二 恋愛を考える私  粕川ゆき

セール中のアイテム